花桃の丘
花や月のお勧め撮影スポット(横浜市青葉区)

桃の木の花

元石川町北部にある花桃の丘は農耕地。2月下旬より桃や梅の花が咲き、訪れる人が増えます。

春以外も月や雪など撮影スポットとしてオススメです。地元では坊ケ岳台保木の桃源郷と呼ぶ人もいます。

ここは公園ではないので、畑の中には入れません。

最寄り駅から
アクセス
たまプラーザ駅より3.2km
バス停《保木入口》より500m
所在地神奈川県横浜市青葉区元石川町6431
駐車場なし
トイレなし
花桃の丘の夏

雑木林から貸し農園

雑木林だったこのエリアは、1960年代後半に農地開発区画事業として神奈川県や横浜市の補助と住民の人々の活動により、畑へ生まれ変わりました。春の訪れとともに、梅のほか、桃やエドヒガン桜の花も観られます。現在では貸し農園になっているところもあります。

朧月

建物の妨げがない坊ケ岳台

花桃の丘(坊ケ岳台)は、月の撮影にもお勧めです。周囲の建物が少ないためアマチュア無線をしている人も見かけます。夕暮れ時、起伏に富んだ美しが丘の住宅地の夜景が綺麗です。

近くに公衆トイレやコンビニはありません。

花桃の丘に咲く桃と桜
2021/03/15撮影
雪景色
春にスケッチする人たち
ページ掲載日:2022年3月2日
花桃の丘 

ここに関するガイド

掲載マップについて

構内図や路線図は、国土地理院による『地理院地図』をもとに映像術が作成したものです。わかりやすい作図を目指しています。

無断利用禁止

掲載画像を使いたい、という方は『たまプロ新聞』画像データ(ストックフォト)販売をご覧ください。許諾がないコピーは著作権侵害です。