枡形山展望台・枡形城跡
入場無料で都心まで見える (小田急沿線)

枡形門

枡形山展望台(川崎市多摩区)は、稲毛重成の枡形城ますがた じょうがあった標高84mの山に建っています。

現在の枡形山は、生田緑地の敷地内です。

展望台への入場は無料。ビル4階くらいの高さがあります。

最寄り駅
アクセス
向ヶ丘遊園駅小田急小田原線)南口から1.4km
開放時間9:00〜17:00
駐車・駐輪生田緑地の駐車場や駐輪場
枡形山展望台
桝形山展望台からの風景
六本木方面

生田緑地から都心まで見渡せる

天候が良ければ展望フロアから、望遠レンズで東京都庁や六本木ヒルズを捉えることが可能です。

向ヶ丘遊園駅からは南口を出て、1kmで生田緑地 東口に到着(有料駐車場あり)。そこから階段や坂を登り500mくらいで山頂広場。展望フロアにはエレベーターで行けます。

一方、駅から遠い生田緑地 西口からなら、上り坂が少ないです。詳しくは公式サイトのバリアフリーマップをご参考ください。

展望台はエレベーターが設置されているため、ベビーカーや車椅子も展望フロアへ登れます。

枡形山展望台より府中方面
府中方面(2021年3月下旬撮影)

川崎市の桜の名所

4月上旬くらいからソメイヨシノが咲き始め、花見を楽しむ人で賑わいます。

展望台から見下ろす満開の桜も見応えがあります。

生田緑地 地層観察、升形山・桝形山へ
生田緑地東口から登山

枡形山の名称由来は形状から

山頂は東西130m・南北80mの四角形に近い平地で、枡のようなことから枡形山と名付けられたと言われています。ここに展望台と枡形城址碑があります。なお「マス」の漢字違いの「桝形山」という表記は見かけません。

枡形城址の石碑
枡形城址の石碑

鎌倉時代、源頼朝の重臣の枡形城

鎌倉幕府を開いたころ、源頼朝の重臣であった稲毛三郎重成が枡形山を城とした、と『新編武蔵風土記稿』(江戸時代に発行)に記載されています。

周りは急勾配で要害として適していたことが、散歩するとよく分かります。

枡形展望塔から多摩区
川崎市多摩区方面

あなたへオススメ

このガイドについて

もし、情報の誤り・新たなスポットガイドの希望がございましたら、情報提供フォームよりお送りいただければ幸いです。

タイトル
URL
枡形山展望台・枡形城跡ガイド
カテゴリ
関連タグ , , ,
掲載/更新日 2023年10月25日
オリジナル地図について

路線図や駅構内図などの地図は、国土地理院による『地理院地図』をもとに映像術が作成したものです。わかりやすい地図を目指しています。